買取と下取りの違いを押さえておこう

あなたは、買取と下取りの違いって押さえていますか。ついつい混同しがちです。きちんと使い分けておかないと、それぞれのメリットもきちんと受けられません。
また時期や状態にも左右されるので、使い分けをしっかりとしたいところです。

それはタブレットについても同じです。ここでは、その違いや使い分けを見ていきましょう。

それぞれのやり方とは

買取は、買取専門店にて行っています。ここ最近では、ゲオやTSUTAYAでも行っていますので、確認してみてください。
やり方としては、買取専門店へ持ち込みをすれば、その場で査定に入ります。状態やバージョン等をチェックして、いくらと買取金額が決まるのです。
もちろん、それを受けとるかも自由に決められます。

下取りの場合には、家電量販店や携帯キャリアで行っています。こちらも持ち込みして査定してくれます。ただし、お金ではなくポイントに加算をしたり、また何かしら購入したものから値引きと言う形で還元されるのです。

買取の方が利用しやすい

下取りとなると、何かしら購入したときに利用することとなるため、その予定がなければ、なかなか下取りを利用できません。ポイントや値引き、また携帯キャリアだと通信料から値引きもあります。実際には得するのですが、あまり実感しにくいのです。

それに比べると買取だと、現金が入るので得した実感も大きく、またそのお金を自由に使えるので便利です。
いつでも買取店へ持ち込みできるのも、下取りに比べて便利と言えます。持ち込みも宅配サービスもあるので、わざわざ買取店へいく必要もありません。手軽にできるようになっています。

まずは購入予定があるかどうかで

まずは、何かしら購入予定があるか考えて、なければ買取にしたらいいでしょう。意識して、使い分けていきましょう。

関連する記事