分割が終わるまではタブレットは買取してもらえないのか

iPadなどからタブレットを使っている人も多いでしょう。企業でもタブレットを使うところも増えています。そんなタブレットですが、やはり高いので分割という人がほとんどでしょう。

もしも、何らかの理由で使わなくなったときには、買取がオススメです。しかし、分割の残高があるときにはそれが終わるまでは、買取はしてもらえないのでしょうか。

分割は続くのだか

もしも分割の支払い中であっても、実は買取に出すことは可能です。とはいってももともとの分割は続くこととなります。
ただし、査定に関しては分割が終わったものと比べると、厳しくなると言う買取店が多くなります。中に断られるケースもあります。なので、買取店探しては少しは苦労するかもしれません。

また、分割が続くのですがもしも滞納を続けてしまうと、時には携帯会社が遠隔ロックをかけてしまい、タブレットが使えなくなると言うこともあり得ます。なので、次に購入した人が迷惑を受けるなんてこともあるので、気を付けましょう。
そうしたトラブルもあるので、買取店も厳しくなっていると言えるでしょう。

赤ロム、白ロムとは

分割残高のあるタブレットの買取や購入で必ずと言っていいほど、出てくる用語に赤ロム、白ロムと言うものがあります。
赤ロムとは先程の滞納により使えなくなったタブレットを指します。ちなみにディスプレイでアンテナ部分が赤くなっているのでわかるはずです。白ロムは個人情報がないものです。この状態ならば、安心して使えます。

なお赤ロムの場合には、滞納によりそうなることもありますが、実は盗難品や不正な入手したものということがあるため、お店としても取り扱わないところが多いのです。

できれば完納してからがいいのでは

買取自体が意外と難しくなるケースや査定が下がるケースも出てくるので、できれば完納してからの方がいいかもしれません。
それでも買取してもらいたいときには、しっかりとしたお店を探すことを心がけましょう。

関連する記事